ファッション用の毛染め

ひとくちに毛染めと言っても、白髪染めとそれ以外のファッションとしての毛染めでは種類がまったく違います。
ファッション用の毛染めは、髪の毛のメラニンを分解してからそこに色をつける仕組みになっていますが、白髪になっているとメラニンがすでにないので、色をつけようがないのです。
よく白髪を染めようとして、染毛剤を買ってきたけれどほとんど色がつかなかったという失敗談がありますが、その多くはファッション用の染毛剤を買ってきてしまったことが原因なのです。
ですから、白髪を目立たなくさせようとするのならば、白髪染め用の毛染めを購入しなくてはいけません。
前述のとおり、白くなった髪の毛に色をつけるには、黒い髪の毛に色をつけるのとは別のやり方が必要になります。