身長を伸ばす方法

あともう少し身長を伸ばしたくないですか?

昔と比べると日本人の身長もすごく高くなりました。ですから現代社会で、身長があまり高くない方はコンプレックスを感じているかもしれませんね。もう今更伸びないだろう…と諦めてはいませんか?確かに大幅に伸びるようなことはないかもしれませんが、数センチ適度の変化なら期待できるそうです。またお子さんがいる方はこれからの成長にお役立て下さい。背が高くなるための方法をいくつかご紹介します!

身長を伸ばすのに大事なことは?

親御さんにとって子供さんの身長がどのくらい伸びるのかは、深刻な悩みの一つかもしれません。
父親と母親、ふたりの身長が低いケースは、なおさらに心配になってしまうものです。
子供の身長を伸ばすためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?
遺伝の関係で子供の身長は左右されるという印象がありますが、それだけで決まるものではないので、不安になる必要はありません。
父親と母親の身長が低くかったとしても、背の高い子供は案外いるものです。

 

子どもの身長を伸ばすのに重要となるのが、睡眠時間をしっかりと確保することです。
子どもにとっては10時間以上の睡眠がベストとされていて、成長ホルモンは寝ている時に多く分泌され、健やかな発育をサポートしていきます。
さらに子どもの身長を伸ばすという目的を成し遂げるには、頑丈な骨を作ることが大事なんだそうです。
健康的な骨を作るために不可欠なのがタンパク質で、その骨の強度を上げるにはカルシウムが必須だとされています。
昔から、健やかで丈夫な身体を作るには牛乳を摂らなければいけないと伝えられていたのは、これが理由です。
言うまでもなく身長を伸ばすのが目的で牛乳を摂ることはすごく良いことです。
しかし、牛乳を飲むことばかりに意識が入って通常の食事が食べることができなくなったりしないように適切な量を考えながら飲みましょう。

 

同じくらいのの子ども達と比較して明白に身長が低い場合は、低身長と呼ばれる病気かもしれません。
低身長の際は治療の必要がありますので、不安な点があるなら出来るだけ早く病院で医師の診察をしてもらうようにしましょう。
子どもの身長を伸ばすためには、睡眠、食事、運動などの基本的な生活をきちっとすることが一番大切です。


成長期が過ぎても身長は伸びるの?

中学生、高校生のように成長期が過ぎると、常識的には身長は伸びないようです。
その段階で、成長がストップしてしまうということです。

 

ならば、25歳以上になるとそれから身長を伸ばすことは不可能なのでしょうか?
一般的には20歳に近づくと成長がとまるということはよくあり、伸びたとしても1年で2mmや3mmほどとなっています。
しかし、25歳になっても身長を伸ばそうと努力することで、伸ばすことは可能でしょう。

 

骨を繋ぎ合わせる成分として、軟骨と呼ばれるクッションの様なものがあります。
この軟骨を増幅させることで、身長を伸ばすことができるようになります。
軟骨の含まれている成分でもとりわけコラーゲン、コンドロイチン、グルコサミン等のサプリメントを服用して軟骨を増やしていくこともできます。
このようなサプリメントを取り入れることで、ちょっとですが身長を伸ばすことも可能なようです。

 

その他の方法としては骨盤の歪みを矯正することによって、身長を伸ばすことができます。
背骨が歪まずに真っ直ぐのままの人は、ほとんどいません。
ストレッチをしたり背骨矯正専用のアイテムを使ったりすることで、正しい姿勢を維持し背骨を真っ直ぐにすることができます。
それまで歪みが生じていた背骨を真っ直ぐにすることによって、数pだけですが身長が高くなるはずです。

 

このようなことから25歳を過ぎると、著しく身長を伸ばすのは不可能でしょう。
ですが、ゆっくりと身長を伸ばすというのは可能なので、自分が出来る範囲でいいので少しの努力をしていくことが大事です。
原点に帰って生活習慣を改めていく必要があるのかもしれません。